japan-architects.com

25 11月, 2015

土田拓也/ナンバーファイブスによる平塚の住宅「SUKIMA」

土田拓也/ナンバーファイブス (no.555) による神奈川県平塚市の住宅「SUKIMA」(TSC)を見学してきました。

 敷地面積116m2、建築面積56m2、延床面積87m2。木造2階建て。
敷地に黒い箱が二つレイアウトされており、手前は物置でアウトドア用品などが収まる。

ドローンで撮影された上空からの画像でよく分かるが、整形の敷地に変形平面の建物が建つ。
駐車スペースは2台分あるが一方には大きなアメ車が停まれるようにファサードを後退させた。しかしこの変形が内部に変化をもたらし豊かな空間にしてくれる。

 外壁の仕上げはガルバリウム鋼板の下見張り。右手のもう一方の変形させた部分に庭を設けハーブなどを植えた。

 玄関扉を開けるとをモルタル仕上げの土間になっており、そのまま居室に連続していく。
左は納戸で、右上の開口からは南側の明かりが入ってくる。

 大きな玄関ホールはギャラリーのような空間に仕上げていくそうだ。玄関扉は透明ガラスでギャラリー感が増している。
壁や天井は土田さんの作品ではお馴染みの木毛セメント板。

 玄関ホールを抜けると隙間(SUKIMA)のような空間が現れた。


 別角度から振り返ると大きな吹き抜け空間に、床に着いて上が開いた箱と、床から浮いて下が開いた箱二つある構成が分かった。


 一番日当たりのいい場所にソファーを置き庭を愛でたり、読書を楽しむ。
床暖房が備わっているのでそのままラグに座ることも多いそうだ。
 モルタルの床は土間のような雰囲気に。少し段差を設けた右がダイニングとキッチンになる。


箱の内側は天井高を抑え、吹き抜け空間の開放感をより高める演出がされている。

 階段の奥が玄関で、その右に水回りがある。


 水回りも、木毛セメント板とラワン合板で統一。


 2階へ。
上がった正面がトイレ、右側が子供室、左側が主寝室になる。

 階段を上って見返す。両側の箱がそれぞれ下が開いたものと、上が開いたものというのがよく見える。


 子供室。小さめの正方形の開口がいくつか設けられている。左は屋外に開閉し、右の二つは吹き抜けに対して開閉するので、子供室の気配を下に感じさせることができる。


 一度出て主寝室へ。


 主寝室は2面ガラス張り。子供室では、物やモデルさんが小さいので分かりづらかったが、こちらでは天井が低い様子がよく分かる。



 最近よく目にするトグルのスイッチパネルは、土田さんは10年以上前から使っていて、長年使用してもへたりがこないこだわりの物があるそうだ。


土田拓也さん(右)とお施主さん家族。
「箱の高さを抑え、その中の空間や建物自体の高さも低く抑えていますが、箱の隙間空間は十分なボリュームを取ってあります。そのことで場所によって広さや高さの感じ方が変わるメリハリのある空間となり、実際の面積よりも広く大きく感じられる住宅になっていると思います。また建物の高さを抑えることで工費も抑えられるメリットもあります。」


========== japan-architects.com ===========
日本の建築家・インテリアデザイナー・ランドスケープアーキテクトと世界をリンク
>>Twitter   >>Facebook


Reproduction of any of these images and texts without written permission is prohibited.

記事や写真の無断転載を禁じます
Copyright: japan-architects.com