japan-architects.com

25 9月, 2015

相坂研介による「あまねの杜保育園」

相坂研介/相坂研介設計アトリエによる千葉県船橋市「あまねの杜保育園」の内覧会に行ってきました。
2013年のコンペで勝ち取ったプロジェクト。

 敷地面積2,051m2、建築面積1,067m2、延床面積1,493m2。S造2階建て。


 城壁のようにも見える外観は園児達を守ること、不審者を心理的に寄せ付けないようなイメージだ。

 エントランスは東西からそれぞれ、自転車・歩行者と、車での登園に振り分けられ安全に配慮されている。
左には建物のコーナーが円弧に切り取られ、閉鎖的にならないように内と外を繋いでいる。
ファサードは押出成形セメント板。

 エントランスは両側が引戸になったピロティになっており、職員室の前を通る。


 ピロティを抜けると外観とは打って変わって開放的な空間が現れる。


 池、砂場、築山を配した園庭をウッドデッキ、2階の外廊下、ルーフテラスが取り囲む。そして屋上にはブリッジが掛かるのが見える。
庇の出幅は2m。園庭に向かってテーパーが付いており、スラブの厚さより薄く軽快感を出し、空がより広く見えるように工夫されている。

 建物の白い部分が幅1.3mの壁柱で、その間に各室内空間が納まる。
正面上部の塔屋とそのヴォリュームが外観で突き出して見えた部分で、屋根にはソーラーパネル設え、池の水を循環させる電力を得る。

 子どもが好きそうな築山。
またルーフテラスに降った雨水は2階のタンクに集められ、滑り台の下に見えるパイプから川に流される。


 1階には事務スペースのほか、0歳〜2歳児の保育室。保護者や園児は土足のまま保育室までアプローチできる。


 石の感触も楽しんでもらいたいとのことから、水道の水受けには職人が一粒ずつ丁寧に埋め込んだ玉砂利を洗い出し、グレーチングには石が接着されている。


 0歳児の保育室のみ床がコルク張り。また受け渡しもしやすい場所で、避難口も備わる。
(写真に映るのは0歳児ではなく内覧会に遊びに来ていた子どもたち)

 地域からも様子が伺えるよう、開口に面した庭やフリースペースが備わる。


 3〜5歳児(幼児)の食堂。奥に見える調理室は床レベルを下げ、食育のため子どもが作業を見られるようになっている。


 動線が交差する部分。


 2階へ。ダイナミックな空間構成もあえて子どもに見せている。


 二層吹き抜けの高さをもつ遊戯室。集会や卒園式のほか幼児のお昼寝にも使用する。活動的になる幼児は保育室外に移動し、食堂同様シーンを切り替える。


 2階廊下。


 幼児保育室。トップライトも設けられ、活動的な雰囲気だ。


 天井が傾斜しているのは、この後紹介する屋上に関係する。


 各部屋のロッカーの下には冷気の吹き出し口がある。夏場、築山のトンネルから吸入された空気が、地下で冷やされここから吹き出してくる。
孔の径は乳児の小指が入らないサイズ。

 2階の廊下はルーフテラスへ連続する。


 ルーフテラスから突き出した3つのボリュームは3階部分のように見えるが、左はエレベーターの塔屋、中央が遊戯室の吹き抜け、右が階段の庇になっている。
手前の手摺部分からは築山への滑り台が見える。またデッキには夏場プールも置かれていた。

 「ひな段テラス」。屋外でのイベント、発表会などに利用できる。


 右を見るとスロープでさらに上へ上がれる。


 ルーフテラスにも庇が3ヶ所。日陰があれば真夏や雨でも屋外活動が可能だ。


 ルーフテラスには菜園を設けた。
幼児の部屋で見えたトップライトは10mm+10mmの合わせガラスを採用。


 屋上菜園や、二重床になった全面ウッドデッキは断熱にも大きく貢献する。


 必要不可欠な設備ではないがブリッジを架けることで回遊性が生まれ、視点も大きく変わることで園児の活動は広がる。

 ブリッジから。保育園と、同時期に計画された整備中の市営グラウンドが隣に見える。そのため運動会等はグラウンドの利用が可能になるため園にグラウンドは必要ないと提案したそうだ。
また、さらに奥に見えるのは大学の桜並木なので、ルーフテラスから借景を楽しむことも出来る。

 ルーフテラス最上部(左は遊戯室の吹き抜け)。今後手前と奥の庇のフックを利用してロープを張り、アスレチック遊びができるようにする。



 園庭を見下ろす。砂場、池、築山はそれぞれ楕円形で優しいフォルムなのが分かる。

相坂研介さん。「コンペの後、園とは二人三脚で計画を進めてきました。第一に安全性、子どもを守るということ。それだけでは閉鎖的になりがちですので、外部や地域との接触部分もバランス良く設けています。」
「内部は園庭を中心にどのフロアまで行っても高い回遊性を有し、子どもを活動的にします。色彩に関しては子ども向け施設だからといって原色を使わずに、木や石など自然の色に囲まれた、大人でも十分楽しい空間体験をしてもらいたいと考えています。」


========== japan-architects.com ===========
日本の建築家・インテリアデザイナー・ランドスケープアーキテクトと世界をリンク
ジャパンアーキテクツメンバーのプロフィール >>japan-architects.com

建築・デザインのイベント情報 >>What's happening

建築・デザインのお仕事 >>求人求職情報
ジャパンアーキテクツへのお問い合せ >>事務局へメール
>>Twitter   >>Facebook


Reproduction of any of these images and texts without written permission is prohibited.

記事や写真の無断転載を禁じます
Copyright: japan-architects.com

18 9月, 2015

エムエースタイルによる横浜の住宅「帷の森」

川本敦史+川本まゆみ/エムエースタイル建築計画(mA-style architects)による横浜市港北区の住宅「帷の森」のオープンハウスに行ってきました。エムエースタイルにとって初めての関東での仕事だ。
施主はナカサ&パートナーズ所属のフォトグラファー安田誠さん。

 敷地面積100m2、延床面積94m2。木造+一部RC造、2階建て。
施主の安田さんはキューブ形状の建物を望んだ。そこで北側斜線最高点を建物の最高点にし、それを基準に計画が進めた。

 南側は1階と2階をまたぐ3.2m×2.2mの大きめの開口をシンボリックに設けた。


 ファサードはガルバリウム鋼板を縦張りに。


 玄関扉を開けると早速「帷(とばり)」が現れた。
背の高い人であれば2階の床が見える位置。1階は4段分掘り下げてあるが、屋根の高さが決まっているのでそこから逆算で2階の階高、1階の階高を求めていったためだ。

 建物の平面は正方形。中心に二回りほど小さな平面の正方形をコアとして置き、その中に個室や水回りを納めた。


 コアの周囲は回遊でき、外縁に階段室、机や作業台、収納、洗面台などが配されている。


 奥まで行って振り返り子供室と勉強机。右の開口は外観で見えた小窓で、通りの先まで見通すことが出来る。
右奥は大開口に面した物干し。物干しスペースは外構にも設けてあるが南向きで日当たりの良いここがメインになりそうだ。

 コアは十字で分割され、子供室と左に主寝室、右に書斎(もしくは納戸)、対角に水回り。
ガラス引戸の内側にはカーテンレールが見える。

 裏側に回ると、奥から机、作業台、洗面台と連続する。
また1階と2階は、4つの角部分に設けた吹き抜けを介して上下で気配を感じ合うことができる。

 主寝室から。


 安田夫妻が結婚祝いに深澤直人さんから贈られた鳩時計。
1階に置いてあっても2階でハトの鳴き声が聞こえたので、上下の気配を感じるということがよく分かった。

 2階へ。
階段下は玄関と連続する土間のようになっている。

 2階はLDKワンルーム。
壁から数十センチ内側に帷が取り囲む。天井高は3m。

 ソファやテーブルも深澤直人さんデザインのマルニ木工製。


 照明を点けると、グラデーションの光が帷に沿ってカーテンのように降りてきた。


 帷は内の中に外のような中間領域をつくり出し、空間に奥行きと変化をもたらす。
右のテレビスペースは、実際は壁から内側に向かって突き出しているはずなのに、内から外に出た空間のように見える。

 格子の形状や、角材の太さ、間隔は多くのスタディを重ねた。


 帷の裏側から。2階の床は中心部分をコアで支え、4辺の一部を梁で外壁と接合し、4つの角は天井からスチールロッドで支持されている。


 スチールロッドは角材が被され見えない。
また格子は木組みではなくボルト接合され、孔に目隠しがされている。

 キッチンは洗面の上あたりで宙に浮いているように見える。


 そして下を見るとトイレが...


 ダイニングは気分によって、内へ入ったり、外へ出たりできる。


 南側の大開口は帷によって、緩くプライバシーを守ってくれる。



川本まゆみさん。「庭に木々を植えることができないので、屋内でも憩いや癒やしをもたらす森をイメージしました。帷は木々の枝越しに見える風景や、木漏れ日をつくり、そして植物そのものを吊り下げたりすることができ擬似的な森になります。そして内と外、上と下を優しく繋げてくれる中間領域を生み出してくれています。」
「いつもゆったりとした地方でのお仕事が多く、今回のような隣家の迫る首都圏の住宅街は初めてでしたので、厳しい斜線制限、建蔽率、資材を事前に搬入しておくことができないことなど、戸惑うことも多々ありました(笑)」
「また引き受けてくれる工務店さんもなかなか見つからず、結局地元静岡の工務店さんが、近くにアパートを借りて受けてくださいました。」

【関連記事】


========== japan-architects.com ===========
日本の建築家・インテリアデザイナー・ランドスケープアーキテクトと世界をリンク
ジャパンアーキテクツメンバーのプロフィール >>japan-architects.com

建築・デザインのイベント情報 >>What's happening

建築・デザインのお仕事 >>求人求職情報
ジャパンアーキテクツへのお問い合せ >>事務局へメール
>>Twitter   >>Facebook

Reproduction of any of these images and texts without written permission is prohibited.

記事や写真の無断転載を禁じます
Copyright: japan-architects.com