japan-architects.com

19 4月, 2018

黒川智之による横浜の離れ「三ツ池の蔵」

黒川智之(黒川智之建築設計事務所)による「三ツ池の蔵」を見学してきました。横浜市鶴見区にある大きな敷地を持つ住宅の、ガレージ・物置・ワーキングスペースとして利用する離れの建て替え。


敷地面積197m2、延床面積89m2。木造2階建て。
四方を異なる、しかも恵まれた環境が囲んでいることから、4つの正面を持つ蔵として計画されている。


広い敷地に、よく手入れされた庭。母屋には施主と奥さまが住んでおり、時折訪ねてくる娘さんが仕事をしながら滞在もできる場所が今回の離れだ。(左手の見事な桜は分筆して譲渡した敷地側)


「外壁と屋根の区別をつけず、できるだけシームレスで、蔵のような塊感を出したかった。」と黒川さん。方形屋根と切妻屋根が合わさったような特徴的な屋根だ。


接道側。1階にはシャッターの付くガレージ。接道との境界にはこの後門扉などがつき、外構も整えられる。


シンボルツリーである右手の椎の木を包むように「く」の字に折れた外壁。


庭いじりなどの際、休憩に使える東屋の雰囲気にした玄関ポーチ。


ガラス張りの玄関扉を開けると、南北に抜ける二層吹き抜けの玄関ホール。視線の先には前出の桜が借景で現れる。


2階。階段を上がって奥まで進み見返すと東西方向に抜けるトンネル状の空間と、南北(右左)に抜ける開口。それを強調するようにパネル梁が力強く存在し、井桁状の空間の方向性を演出している。


南を向くと、引戸の先に桜。


北側は左から収納、ミニキッチン、そしてバルコニー越しに母屋。


東は庭と崖地の上から遠くまで街並みが望める。


天井はLVL積層面(木口面)を現しにした材で仕上げた。
中央にはパネル梁の溝に照明が埋め込まれているのが見える。


南北に引戸で連続する開口。


西側には林の深い緑が見える。
右のガラスケースには飛行機の模型などが飾られるそうだ。


バルコニーは袖壁と角度を付けた開口により、母屋との視線の重なりを調整している。


バルコニーはL字に展開し贅沢な眺めを享受できる。

「高台に位置していて、どこからも見られる建物なので、家型の蔵としての構えを四方に向けた建築としました。四方への開口はそれぞれ性格を変え、シンプルな平面と断面ながら変化のある環境が生まれるよう計画しました。」と黒川智之さん。

【三ツ池の蔵】
建築設計:黒川智之建築設計事務所
構造設計:木下洋介構造設計室
施工:新都市建設株式会社

【関連記事】
大森の住宅
北千束の集合住宅


**************************
japan-architects.com 
日本の建築家・デザイナーと世界をリンク
Web : www.japan-architects.com
Twitter : @JapanArchitects 

Facebook : japanarchitects

***************
***********
Reproduction of any of these images and texts without written permission is prohibited. Copyright: japan-architects.com

16 4月, 2018

土田拓也/no.555による茨城の保育園「こばと夢ナーサリー」

土田拓也(no.555一級建築士事務所)による茨城県牛久市の保育園「こばと夢ナーサリー」を見学してきました。JR常磐線牛久駅から、水戸街道を北へ2kmほど行った場所。


敷地面積1,782m2、延床面積463m2。木造、一部2階建て。
郊外型の広大な幼稚園の敷地の一画に保育園を新築した。


既存のこばと幼稚園。1971年の開園以来4回ほど増築を重ねながら、園庭を囲むように軒下のある、幼稚園の原風景とも言える佇まいを継承しているものの、所々に無理が見られる。幼稚園や保育園は、園児の増加はもちろん、その時々のニーズやカリキュラム、或いは法律の変更によりそれぞれに適応した増改築がしばしば必要となるためだ。


そして現在は「幼保一体」という時代のニーズに応えるため保育園を新築した。


園へのヒアリングや検討の結果、今後も様々にニーズが変わっていくことが避けられないことから、大きなボリュームの建物を建てず、いくつかのボリュームに分節し、“予測不能な将来” に対してフレキシブルな対応をできるようにした。外観は既存園舎の切妻を継承しながら “家” をイメージし、園児にとって違和感のない親しみの湧く存在を目指した。


今回の計画では保育園として3棟、幼稚園付属の屋内遊戯場と、調理室の2棟の計5棟を建てた。しかし計画中も少しずつニーズが変わり、竣工段階で早くも次なる計画が上がっているという。そのため外構ももう少し計画が固まってから仕上げるそうだ。


保育園エントランス。土間は真砂土で、植栽や水飲み場まであり小さな公園のようだ。19名と少人数の保育園にとって大きなエントランスだが、保護者にとって送り迎え時のストレスフリー化に多いに役立つ。


“公園” の周囲には縁側の雰囲気。内と外を繋ぐ緩衝地帯として働きながら、幼稚園で見られる軒下でのコミュニケーションの場としても機能するのだ。
左には下足入れや、主に保育士が使う多目的室やトイレがあり、上に施設唯一の2階となる事務室がある。


植栽はちょうどトップライトの下になるように。


2階事務室。保育中はほとんど人がいないので、必要最低限のシンプルな作りに。
天井の垂木梁はLVLを用いた。


エントランスから右に進むと2歳児保育室のある棟へ。棟同士は短い渡り廊下で接続される。


2歳児保育室。左のロッカーの反対側から保護者が着替えやオムツを入れ替え、保育室側から取り出すことができる。


テーブルはオリジナルデザインで制作。組合せにより様々に変形できる。


エントランスから左側は0・1歳児の保育室、さらに奥は一枚ドアを介して幼稚園付属となり、調理室と屋内遊戯場へ接続する。
この渡り廊下も幼稚園での軒下・渡り廊下という一つのアイデンティティーとして継承した。


渡り廊下はt=10mmのポリカ板段で外の気配を感じることができる。
一見簡易的ともいえる仕上げだが、前述の “予測不能な将来” に対する備えといえる。


外からはこのように。


0・1歳児の保育室。構成は2歳児保育室と同じ。
保育園の建築では大開口を設けることが多いが、昼寝時にはカーテンで閉める必要があることや、窓に近寄ったときに外が見える、といった視界に緩急をつけるため、また "家っぽさ" を演出するためにもこのようにした。


掃き出しの開口からはテラスを介してそのまま外に出られる。


幼稚園付属の屋内遊戯場。この場所には以前屋外プールがあった。夏期にはこの空間にプールが展開できるよう、排水可能なデッキ張りとなっている。
子どもたちが大好きなプール「夏、雨天や気温が低い時にプール遊びをさせてあげられないのが心苦しい。」という理事長の強い思いで、どんなときでもたっぷりと水遊びができるようにと屋内型にした。


そのため片隅には大口径の水栓が備わり、温水も供給できる。


スパン9.1m、高さ7.6mの切妻ボリュームを無柱で実現するために、厚さ50×梁成400を2枚抱き合わせ、金物を挟み込んだ垂木梁とした。(KES構法/株式会社シェルター)
壁は仕上げ用ラーチ合板、天井は構造用ラーチ合板。床は樹脂製デッキ材を選んだ。滑らない・ささくれない・腐らないといった幼児にとっては重要な要素を優先した。


それぞれの垂木梁はタイバーで引っ張り、開きを抑制している。これにより軒桁や壁をコンパクトに保つことができた。


土田拓也さんと、担当の佐久間悠さん。
「将来的に読み切れない変化に対応すべく、意図的に規則性を排除しました。規則性が、予測できない変化の足かせになると考えた上であり、建物のサイズ、平面的な角度、屋根の角度などをバラつかせることで、将来計画されるものがどのようなものであっても、この『バラツキ』が吸収してくれるという逆転の発想です。」

【こばと夢ナーサリー】
建築設計:no.555一級建築士事務所
構造設計:シェルター
施工:高塚建設工業
こばと夢ナーサリー:https://kobato.ed.jp/nursery/

【関連記事】
平塚の住宅「SUKIMA」
土田拓也の自邸「YAMATE APT.」


**************************
japan-architects.com 
日本の建築家・デザイナーと世界をリンク
Web : www.japan-architects.com
Twitter : @JapanArchitects 

Facebook : japanarchitects

***************
***********
Reproduction of any of these images and texts without written permission is prohibited. Copyright: japan-architects.com

11 4月, 2018

NUNOを率いる須藤玲子による展覧会「こいのぼりなう! 」展レポート/国立新美術館

国立新美術館で4月11日より開催の「こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション」展の内覧会に行ってきました。


オリジナル・テキスタイルを提供し建築家との協働でも知られるNUNO。ディレクター兼デザイナーとして活躍している須藤玲子とフランスの展示デザイナーのアドリアン・ガルデールのコラボレーションは、2008年のジョン・F・ケネディ舞台芸術センター(ワシントン)、2014年のギメ東洋美術館(パリ)についで3回目。


今回の東京でのインスタレーションでは新たにライゾマティクスの齋藤精一が加わった。


国立新美術館の最も大きい展示室(2000m2、天井高8m)のほぼ全体を使って設置されているのは約300匹のテキスタイルこいのぼり。デザインにはNUNOのメンバーが参加し、色柄は一つ一つ異なる。日本各地を巡って職人の手によって仕上げられた布ばかりだ。


会場に入ると一瞬どのように見ていけばよいか迷うが、エントランスの白い鯉のぼりの群れに沿って歩けば、その姿は少しずつ色味と鮮やかさを増し、中心で8の字を描くように一回りして、最後黒い一群が出口へと導いてくれる。


群れの流れが交差する部分。


輪の中へ


輪の中心部には大きめのクッションが用意されており、鯉のぼりが泳ぐ姿を座りながらゆったり眺めることができる。


見上げると、齋藤精一(ライゾマティクス)による軽やかな布、照明、ファン、を用いた水の中にいるような演出。
「布の雰囲気を大事にしたかったので、敢えてプロジェクションはしませんでした。展示室に入っても最初は気づかれないくらいの存在感を目指しました」と齋藤氏。




鯉のぼりは頭上を泳いでいるものもあれば目線の高さにくる鯉のぼりも。しっかり布のドレープや質感までも感じることができる。


静止しているインスタレーションだが、300以上の音源を用いたというsoftpadによるサウンドが会場を包み、布の揺らぎと呼応しながら、あたかも水中にいるような幻想的な世界を生み出している。


会場奥の部屋では、布を製造する工程を撮影した映像や、鯉のぼりに使われている319種類の布を手に取ったり、ミニこいのぼり作りを体験するコーナーも用意されている。


卓上サイズのこいのぼりなう!も購入できる。
【こいのぼりなう! 須藤玲子×アドリアン・ガルデール×齋藤精一によるインスタレーション】
会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京都港区六本木7-22-2)
会期:2018年4月11日(水)〜5月28日(月)

**************************
japan-architects.com 
日本の建築家・デザイナーと世界をリンク
Web : www.japan-architects.com
Twitter : @JapanArchitects 

Facebook : japanarchitects

***************
***********
Reproduction of any of these images and texts without written permission is prohibited. Copyright: japan-architects.com